Docker

RStudio のオプション設定を dotfiles で管理する

概要 dotfiles とは, ファイル名が “.” (ドット) から始まるシステム設定ファイルの総称です. システム開発者の間では dotfiles を Git リポジトリで管理し, 環境構築に利用するプラクティスがあります. RStudio ではバージョン 1.3 以降で設定情報がファイルで管理されるようになったので,

起動しているすべての Docker Compose プロジェクトを表示 / 終了する

どのディレクトリで Docker Compose プロジェクトを up していたかわからなくなったときのため, マシン上で起動している Docker Compose プロジェクトをすべて表示するコマンド docker-compose-list-all-projects と, すべて終了するコマンド docker-compose-down-all-projects を作成しました. ソース インストール コマンドをインストールするにはソースを
renv と Docker の相互運用パターン

renv と Docker の相互運用パターン

概要 R のプロジェクトで renv(パッケージ管理システム)と Docker を同時に使う利用法として3種類のパターンを取り上げます。 多くの分析プロジェクトでは renv パッケージキャッシュを外から Docker コンテナにマウントする “外付けパッケージキャッシュパタ
Docker による ローカル RStudio Server プロジェクト の GitHub テンプレートとトラブルシューティングガイド

Docker による ローカル RStudio Server プロジェクト の GitHub テンプレートとトラブルシューティングガイド

概要 GitHub で Rプロジェクトを作成するためのテンプレートリポジトリを作成しました。 これには Docker Compose でローカル RStudio Server 環境を起動するための設定が含まれています。 このテンプレートリポジトリは https://github.com/terashim/rstudio-docker-project-template で公開されています。 以下ではこのテンプレートの構成について解説し、

rockerにGitHub上のRパッケージをインストールしたイメージの安全なビルド方法

Rパッケージは CRAN からインストールするのが普通ですが、 まだ CRAN に登録されていない開発版のRパッケージや、独自に開発したRパッケージを GitHub からインストールして使いたいこともあります。 この記事では Docker イメージ rocker/rstudio や rocker/tidyverse をベースに、GitHub上にあるRパッ