Git

ローカルの Git リポジトリに対応するリモート GitHub リポジトリを作成するコマンド

要旨 コマンド gh repo create --source $(git rev-parse --show-toplevel) --private を実行すると、ローカルの Git リポジトリと同名の GitHub リポジトリを作成し、リモートリポジトリ origin に設定することができます。 ローカルリポジトリを作ってから GitHub リポジトリを作る Git/GitHubで新規にプロジェクトを開始すると

RStudio のオプション設定を dotfiles で管理する

概要 dotfiles とは, ファイル名が “.” (ドット) から始まるシステム設定ファイルの総称です. システム開発者の間では dotfiles を Git リポジトリで管理し, 環境構築に利用するプラクティスがあります. RStudio ではバージョン 1.3 以降で設定情報がファイルで管理されるようになったので,
renv と Docker の相互運用パターン

renv と Docker の相互運用パターン

概要 R のプロジェクトで renv(パッケージ管理システム)と Docker を同時に使う利用法として3種類のパターンを取り上げます。 多くの分析プロジェクトでは renv パッケージキャッシュを外から Docker コンテナにマウントする “外付けパッケージキャッシュパタ