スタックトレース

Rでエラー時にスタックトレースを自動出力する

R
結論 Rバージョン4.0以上で、次のコードを実行しておくとエラー時に自動でスタックトレースが出力されるようになります。 globalCallingHandlers(error = function(e) { capture.output(traceback(6), file = stderr()) }) 動作 次のような内容のファイル example.R があるとします。 # example.R f <- function() { g() } g <- function() { h() } h <- function() { stop("Error") } これを次のようにして